読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画ブログ~鑑賞記録~

鑑賞した映画の紹介や感想です

「悪の法則」本当に怖い映画(原題:The Counselor)

映画 洋画 サスペンス

悪の法則 

f:id:eiga-blog:20170310114057j:plain

2013年公開

監督 リドリー・スコット

キャスト マイケル・ファスベンダー

     ペネロペ・クルス

     キャメロン・ディアス

     ハビエル・バルデム

     ブラッド・ピット

     ジョン・レグイザモ

 

今回は有名ではないけど、とても怖かった映画の紹介です。

一度巻き込まれてしまったらどうすることも出来ず、最愛の人が麻薬カルテルに攫われ、帰って来るのを震えながら待つしか無いという映画。

精神的に来る作品でこれを観た後は半日引きずっていました。

現実に失いたくない女性が居る人は恐怖を感じるはずです。

そんな事とてもじゃないけど受け入れられない。そんな映画です。

 

キャスト

カウンセラーマイケル・ファスベンダー

f:id:eiga-blog:20170310125655j:plain

今回の主人公で弁護士。イケメンで弁護士で女性にモテる自分は特別だと思っている節があり、その傲慢さからなのか金欲しさから安易に麻薬取引に手を出してしまう。最終的には最愛の女性をメキシコの麻薬カルテルにさらわれてしまう。

 

 ※ローラペネロペ・クルス

f:id:eiga-blog:20170310130322j:plain

カウンセラーの美しい恋人。最愛のパートナーが裏ビジネスに手を出したが故に誘拐された今回の被害者。裏社会からは程遠い女性

 

ルキナキャメロン・ディアス

f:id:eiga-blog:20170310131019j:plain

恐らくどこかの麻薬組織のボス。しかし職業不詳。経歴も不詳。しかも冷徹。ライナーの愛人ではあるが、その力関係は真逆。

付き合ってるライナーも恐怖を感じるという奥底が計り知れない女

裏でメキシコ麻薬カルテルの2000万ドルのブツを横取りしようと画策する。

"車と"カーセックスをし、局部を見せびらかし快感を味わう変わった性癖を持つ。

 

ライナーハビエル・バルデム

f:id:eiga-blog:20170310131738j:plain

レストランや運送会社を手がける派手好きな実業家。マルキナのビジネスパートナー兼恋人。カウンセラーの友人でもあり、彼と共同でナイトクラブの資金調達の為に麻薬取引に手を出す。結果カルテルに目を付けられる。

 

ウェストリーブラッド・ピット

f:id:eiga-blog:20170310132227j:plain

ライナーの友人で麻薬取引のブローカー

ライナーの紹介でカウンセラーに会い、「麻薬取引には手を出すな」と何度も警告する。しかし結局カウンセラー、ライナー、ウェストリー三人で今回の麻薬売買に手を出し、カルテルから怒りを買ってしまう。

 

トーリー

メキシコのファレスという都市。非常に危険な場所で有名です。橋や国道に裸の死体が吊り下げられていたり、麻薬カルテル同士の争いで一般市民をも巻き込んだ悲劇が起こる場所。

劇中では主人公がメキシコの麻薬売買に手を出し、巻き込まれたその恋人の誘拐に至るまで、彼に対ししつこい程何度も警告を発します。

しかし彼の傲慢な性格や油断からそのシグナルに気付く事はなく、気付いた時にはもう何もかも手遅れ。"悪の法則"に従うしかない状況に追い込まれます。

裏ビジネス恐るべし。素人が手を出すとこうなるよと"大げさに"描きます。

一度目の警告とダイヤモンド

主人公のカウンセラーは愛するローラにダイヤのリングを送りプロポーズするためにオランダアムステルダムの宝石商の元を訪れます。

そこでアッシャーカット3.9カラットのダイヤを勧められ、その宝石商からダイヤが発する警告の話を聞かされます。

「人はどんな代償を払ってもダイヤが持つ永遠の価値を追い求める。そして愛する人をダイヤで飾る事でその人の儚さに気づき、限り有る命の価値を知るのです。愛する人にダイヤを送るのは彼女の命の儚さを知り、永遠に生きて欲しいと願うからです」

宝石商は愛する人の命の儚さについて説くわけですが、まさかこれから自分が始める事で起こる悲劇など知るはずも無く、警告とすら気付きませんでした。

2度目の警告とボリートという凶器

 主人公は今回の裏ビジネスの協力者で実業家の友人ライナーの元を訪れます。そしてここでも彼から警告を受けるのでした。

「こっから先あんたが始める裏のビジネスは、ある日突然ギリギリのヤバイ決断をしなきゃならなくなる。いきなり突然にだ。」

 観客はそろそろ気付く頃、しかし彼はそれに対し

「この商売を続けるつもりはない」と言葉を返します。

そしてライナーはそんな彼に対しボリートというカルテルが処刑に使う時の器具の話をします。その器具は小型のモーターが付いていて、ワイヤーが自動で巻き付き人の首を締め付け死に至らしめるのだそうです。

f:id:eiga-blog:20170310161112j:plain

カウンセラーはそんな話をされて恐怖を感じつつも「スグレモノだ」を"嘯き(うそぶき)"二度目の警告も意に返しませんでした。

 

ダイヤとプロポーズ

その夜カウンセラーは恋人のローラを誘い、ライナーが経営するレストランで食事をしまます。

そしてそこで彼女にプロポーズをし、ローラはそれを受けついに二人は永遠の愛を誓い合うのでした。

そして贈ったダイヤはあのアッシャーカット3.9カラットのダイヤ。

その時にローラが「断られると思った?」と聞きます。

しかし彼は「いや、そうは思わない。けど怖かった」と返します。

そう、カウンセラーは彼女を失う事は怖いと感じている。やはり彼女は大切な存在。何物にも代えがたい。ここで思い止まっていれば悲劇は起こらなかったはずですが、彼は裏ビジネスに手を染める事を思い留まろうとはしませんでした。

 

3度目の警告と麻薬取引の仲介人

翌日、主人公のカウンセラーはライナーから紹介を受けた麻薬取引の仲介人"ウエストリー"と会います。取引が成功すれば2000万ドルが手に入る。

ここで彼は裏ビジネスに手を出す事を決断するのですが、ここでもウエストリーから警告を受けます。

「ミッキーロークが映画で言ってた台詞を思い出した。俺は勧めないよ弁護士さん。やめとけ。放火ってのは重罪だぞ」

仲介人のウエストリーからそんな言葉を貰うのが意外だったカウンセラー。そして更にウエストリーは続けます。

「警告とはスコットランドでは人質を意味する。約束を破った時の為の保証だ」

それを野蛮なやり方だと言うカウンセラー。

「そうさ。だが、いざって時に人質が自分より大切な存在だったらどうする?」

 それでもカウンセラーは深く考えている様子はありませんでした。

そしてウエストリーは別れ際、これから手を組もうといている相手"麻薬カルテル"について付け加えます。

「最後にもう一つ。あいつらは人の首を切ったりバラす事なんか日常的にやってる。"力"を示す為だ。別に恨みや怒りで人を殺す訳じゃない。」

「奴らが本気で殺したいと思ってるのはどんな人間だと思う?」

「アンタみたいな奴だ」

 

 カウンセラーの依頼人とその息子"グリーン・ホーネット"

公選弁護人に選ばれていたカウンセラーは、メキシコの刑務所に向かいます。そこに収監されているルースという女性に弁護の打ち合わせの為に会いに行くのでした。

しかしそこでの彼の態度は傲慢で完全に彼女を犯罪者として見下していました。

そんな明らかに卑下されていると感じた彼女ですが、スピード違反で逮捕された息子の釈放を嘆願します。

その息子の名は通称"グリーン・ホーネット"。

緑色のツナギを身に纏い、日本製YAMAHAのバイクで330km(!?)を出し、メキシコ麻薬カルテルのブツの輸送に関するある"大切な物"を運ぶ運び屋でした。

安易にもその釈放依頼を受けたカウンセラー。この判断が致命的で取り返しのつかない結果を招きます。

 

裏で糸を引くマルキナ

主人公達が取引に参加するカルテルの麻薬を横取りしようと画策するマルキナは"グリーン・ホーネット"の殺害を計画します。

グリーン・ホーネットはヘルメットの中にブツを輸送する汚水トラックのスターターを隠し持っているのです。

その糞尿が入った汚水トラックにはドラム缶が入っており、そのドラム缶の中に麻薬が隠されているという仕掛けです。

ルキナの部下はホーネットが通る道路に鋼線ワイヤーを張り、頭部を切断する罠を仕掛けます。

そしてホーネットは罠に掛かり頭部を切断されヘルメットの中身をマルキナの部下に奪われるのでした。

 

事態の急展開と疑われるカウンセラー達

翌日、カウンセラーに一本の電話が入ります。電話の相手はこの前会った仲介屋のウエストリー。

運び屋"グリーン・ホーネット"が何者かによって殺害された事、シカゴへ向かうはずだった2000万ドルの麻薬を載せたトラックが消えた事、横取りされたカルテルは怒り心頭でホーネットを保釈したカウンセラーとその仲間を狙っているという内容でした。

そしてここから彼とその仲間たちの転落が始まります。

 

スナッフビデオ

急遽コロラドホテルでウエストリーと待ち合わせしたカウンセラーですが、彼からショッキングな話を聞かされます。

ブツを横取りされたカルテルは話が通じる相手ではない事、もう全てが手遅れな事、逃げるしかない事、そして最後に"スナッフビデオ"の話を聞かされます。

「いいか良く聞け。ビデオは観たい奴がいるから作られるんだ。カメラは若い女を捉え、首を切られる所を映してる。今度ヤクをやる時にでも思い浮かべろ」

スナッフビデオの事を知らされたカウンセラーは焦り、直ぐ様ローラに連絡を取ります。

「すまない。俺が何とかする。今すぐ身を隠してくれ」

 

メキシコ麻薬カルテル

 横取りされた彼らもタダでは黙っていません。警官に偽装した部下が麻薬を積んだトラックを銃撃戦の末奪い返し、たまたま通りかかりその現場を目撃してしまった一般市民さえも容赦なく殺します。

そしてトラックは無事に最初の目的地シカゴへ辿り着き、2000万ドルの麻薬はバイヤーの手に渡るのでした。

 

悪の法則

ブツを取り返したカルテルですが、ここで手を緩めるような相手ではありませんでした。

ここから彼ら麻薬カルテルの"悪の法則"が始まります。

この先はかなりショッキングなシーンもあり、作品のクライマックスです。

主人公の現実は崩壊していき、取り返しが付かない事をしたと後悔する。しかし時既に遅し。

引き返す道は用意されていたにも関わらず主人公の甘い判断が最愛の人を危険に導き、、、

 

 

怖いもの見たさの方はこの先を実際に鑑賞して下さい。素人が安易な気持ちで悪の道に手を染めるととんでもない結果が待っている。

常識など通用しない。人を殺す事を何とも思っていない相手。

自分ではどうすることも出来ない"悪の法則"

そんな事には絶対に巻き込みたくないし、巻き込まれたくもないと思うでしょう。

ホラー映画とは違う恐怖。何も出来ない恐怖。強く印象に残る作品でした。