読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画ブログ~鑑賞記録~

鑑賞した映画の紹介や感想です

「マネーモンスター」生放送中の事故(原題: Money Monster)

映画 洋画

 

今日はちょっと前にAmazonで観た映画。面白かったので紹介します。

マネーモンスター

f:id:eiga-blog:20170321221453j:plain

2016年公開

監督 ジョディ・フォスター

キャスト ジョージ・クルーニー

     ジュリア・ロバーツ

     ジャック・オコンネル

 

ストーリー

映画の中でしか見たことがないアメリカの財テク情報番組

「これは売りだ~」とか「買って買って買いまくれ!」とか言ってるあのアレ

そんな番組「マネーモンスター」の司会者リー・ゲイツジョージ・クルーニー)がある日番組内で"アイビス社株"を紹介。しかしその株価がなんと大暴落!

番組を信じた一般視聴者のカイルは投資した全財産の6万ドルを失い、番組の生放送中にプラスチック爆弾と拳銃でスタジオを占拠する。

 

キャスト

リー・ゲイツジョージ・クルーニー

f:id:eiga-blog:20170321231522j:plain

今回の主人公で人質役で財テク番組「マネーモンスター」の看板司会者。ディレクターの指示は基本無視。離婚歴3回。下半身で物を考える男。散々な言われようだが最後は犯人カイルに同情的な態度を示す

 

パティ・フェンジュリア・ロバーツ

f:id:eiga-blog:20170321231958j:plain

番組のディレクターとして裏から司会者リー・ゲイツを支える。番組ジャック後も冷静な判断でスタッフをまとめる。

 

カイル・バドウェル(ジャック・オコンネル)

f:id:eiga-blog:20170321232517j:plain

番組ジャック犯。自称時給14ドルで働く男。最近亡くなった母親が残してくれた6万ドルをアイビス社の株に運用し全財産を無くす。株価が不正に操作されたと思い込み番組を占拠。なんと恋人は妊娠中

 

ウォルト・キャンビードミニク・ウェスト

f:id:eiga-blog:20170321233122j:plain

アイビス社のCEO。今回の悪いヤツ。正にマネーモンスター

 

ダイアン・レスター(カトリー・ナバルフ)

f:id:eiga-blog:20170321235637j:plain

アイビス社の広報担当。CEOウォルトの不在を埋めようと番組に出演する。しかし徐々にウォルトの異変に気づきその調査を始める。

 

怪しいアイビス社のCEO

アイビス社のCEOであるウォルト(ドミニク・ウェスト)は株価暴落の原因は同社が使っている株式売買アルゴリズムのバグであると主張。自社、自分に非はなくシステムの問題であると主張。

そして「マネーモンスター」に出演を約束するも飛行機(自家用ジェットなのに)の遅れを理由に結局姿を見せず、代理の広報担当ダイアン・レスター(カトリーナ・バルフ)を出演させることでお茶を濁す。

 

本物の銃声

そんな中、全財産を失ったカイルは不正を正す為、番組ジャックを思いつく。拳銃とプラスチック爆弾を付けたベストを用意し、配達員を装い警備を簡単にすり抜け、生放送中の番組を占拠する。

最初は誰もが司会者リーの演出に違いないとタカをくくっていたその瞬間、カイルが放った銃声で本物の銃だと気づき番組スタッフ全員が凍りつく。放送を一時中断するも

「放送を中止したら司会者を殺すぞ」と脅され、仕方なく番組を再開し生放送する。

 

負け組のカイル

占拠したカイルは誰の目にも錯乱している状態だった。興奮し声を荒げ、銃でスタッフを脅す。司会者のリーに爆弾付きベストを着せ、スタジオの出入り口を塞ぐ。

ただの"負け組"でしかない彼が株価は不正に操作されたと主張した所で誰も信じようともしない。当然な結果だった。

NY警察も駆けつけビルを取り囲む。交渉人も到着しカイルと交渉を始めるが、金銭が欲しい訳ではない彼は全く聞く耳を持たなかった。

 

冷静なディレクター

占拠されたスタジオを目の当たりにしたディレクターのパティは非常に冷静な判断で直ぐ様スタッフを逃す。そして残した最少人数で番組放映を再開する。

その裏でアイビス社の広報担当のダイアン・レスターと連絡を取りCEOウォルトの所在を確認しつつ、人質に取られたリーをマイクを使って支える。

彼の生死は彼女に掛かっていると言っても過言では無かった。

 

三つ巴

その後も犯人と警察と番組スタッフとの三つ巴が続きます。

不正を暴きたい犯人。犯人を逮捕したい警察。人質に取られているリーを守りたいスタッフ。双方の思惑がぶつかり合うなか緊張する時間が続きます。しかしストーリーはこの後思わぬ展開を迎えます。

不正を暴く

犯人を"負け組"としか見てなかった人質のリーですが、ある事をきっかけに犯人の私生活を知り彼への同情と彼が不正を暴きたいというのは本心であると気づき、少しづつではあるものの彼への見方が変わって行きます。そして自身も不正があるならそれを暴きたいと考え始めるのでした。

 

 

 

 

マネーモンスター・ウォルト

ここからは完全なネタバレになるのであらすじはここまでです。

ストーリーは意外な展開を続けて犯人と主人公達がスタジオを飛び出します。

"アルゴリズム"のバグの真相も明かされ、ずっと行方が分からなかったアイビス社のCEOウォルトとの対決もちゃんと用意されています。

ラストはアメリカ社会らしい終わり方なのでしょうか。ハリウッドらしい終わり方なのか。

そして不正は暴かれるのか。それともCEOは逃げ切ってしまうのか。機会があったら是非鑑賞してみて下さい。


映画 『マネーモンスター』 予告