映画ブログ~鑑賞記録~

鑑賞した映画の紹介や感想です

トム・クルーズ 「アウトロー」絶対にはまらないピース

 絶対にはまらないピース

f:id:eiga-blog:20170307115434j:plain

ついに11/11(金)から公開のシリーズ第2弾

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

北米での興行成績は前作を上回りまずまずのようです。

 

アウトロー

そしてその前作2012年公開のアウトロー

サスペンスとアクションと時折入るシュールな場面が絶妙に絡みあい

最後まで飽きさせない佳作なのですが

この映画にはベッドの下の怪物ゼック、その部下であるチャーリーや黒人刑事のエマーソンらが完璧に偽装していたにも関わらず、見落としていた致命的なミス

「絶対にはまる事のないピース」があります。

狙撃場所、無差別に殺された被害者、落ちていた薬莢、パーキングのコイン、自宅の証拠物件、バーの過去、射撃場の証拠‥etc

この中にそれはあります。

 

トーリー

その前にストーリーを完結に説明すると‥

駐屯先のイラク殺人衝動を抑えられず4人の民間人を狙撃して殺害し

ジャックに逮捕された過去のあるジェイムズ・バー(軍人)が

今回は故郷アメリカで無差別に5人の男女を狙撃し殺害。その容疑で逮捕されるも

今回は過去に自分を逮捕した経歴のある「ジャック・リーチャー」という

人物を呼んでくれという導入部分から始まります

 

エマーソン達の致命的なミス

ジャックはバーの過去も踏まえ最初は有罪と判断し捜査を開始するのですが

多すぎる物的証拠、その証拠現場と狙撃位置の不可解な関係、度重なる捜査妨害、そして無差別殺害の裏にある企業買収。

これらの事実からバーの無罪を確信しはじめます。

完璧だと思われた偽装工作。実際ゼック自身も偽装は完璧だと公言します

しかしジャックがエマーソンは事件に関与していると確信させ、最後まではまらなかったピース。

それはパーキングメーターに入っていたコインの指紋。いいや、そうではありません

それは

「なぜ、わざわざパーキングのメーターの中のコインの指紋を調べたのか」

 

 この行為自体にありました。

そもそもこれからこの駐車場から無差別に狙撃して、殺害しようとしている人間がコインパーキングにコインを入れる事自体理解不能ですが、

それ以上にその中身のコインの指紋を調べようとする刑事。

この理解不能な行動とそのあり得ない証拠に、偽造したチャーリーやエマーソン、ゼック自身も最後まで気づく事はありませんでした。

 結果、ジャックに偽装だと確信させ最終的に全員正義の鉄槌を下される事になるわけです

何度もこの映画を観た自分自身も最後のジャックの言葉で知る事になるのですが

こういう謎解きもこの映画の醍醐味の一つでもあります。

さて、続編のNEVER GO BACKにはこんな謎解きが用意されているのでしょうか。

今から楽しみです。

 

 

 

トム・クルーズ主演 映画「アウトロー」

 

 

 

アウトロー (字幕版)

アウトロー (字幕版)

 

 

 

アウトロー [Blu-ray]

アウトロー [Blu-ray]